合宿免許図鑑

2019年8月6日

合宿免許の方が通学免許よりも安い理由

合宿免許と教習所で免許を取得する違いについて

まず大きな違いは免許を取得するまでの期間です。通常、教習所で免許の取得を目指す際には、2ヶ月から3ヶ月の期間が必要になりますが、合宿免許では2週間から3週間で取得する事ができます。合宿免許ではあらかじめ、1人1人にスケジュールが組まれており、短期間で集中的に講習を受ける事で効率よく免許の取得を目指せます。通常の教習所では乗車をするために予約を入れなければならず、予約が埋まっている場合キャンセル待ちをするか、予約の順番を待たなければなりません。しかし、合宿免許では乗車の予約が必要ないため、スムーズに講習を受ける事ができます。

もう1つの違いは、合格までの費用です。教習所で免許を取得する際には、教科書代や教習所までの交通費など、教習を受ける場所によって多少異なりますが、30万前後の費用が必要となります。合宿免許では、プランや施設、利用期間によって多少異なりますが22万前後となっています。また、プランによっては温泉施設付きのツアーなどもあるので、予算に合わせて選ぶ事もできます。このようにまとまった休みが取れ、短期間でお得に免許を取得したい場合には合宿免許を選ぶ事で効率良く免許の取得を目指せます。

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許を選ぶメリットは教習所で免許の取得を目指すよりも安く、そして短期間で取得できる事です。また、教習を受ける時間以外は、基本的に自由行動なため、宿泊先で旅行気分を味わう事ができます。プランや施設によってはプール付きや温泉つきなどレジャー施設が整ったものもあるので予算や自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事が可能です。また、基本的に合宿免許には保証付きの安心プランが用意されています。このプランは、終了検定や卒業検定などに落ちてしまった場合にも、再度検定を受ける際の費用がかからないため、余裕を持って試験に挑む事ができます。

合宿免許を利用するデメリットは、教習を卒業するまでの間の休みが必要な事です。基本的に宿泊施設に泊まり集中的に短期間で取得を目指すので、その期間は学校や仕事などを休まなればなりません。また、スケジュールもあらかじめ決められているので、自分のペースで教習を受ける事ができない事です。そして、合宿免許では共同生活が基本のため、他の合宿生とある程度コミュニケーションを取る必要があります。人見知りや知らない人に気を使う事が苦手な人は、我慢が必要になります。この様に合宿免許にはメリットやデメリットがあるので、自分のライフスタイルなどに合わせて教習所か合宿免許のどちらを受けるのかを決めましょう。