合宿免許図鑑

2019年8月6日

合宿免許のさまざまな魅力と特徴を知ること

変動する料金

合宿免許とは、教習所に併設された宿泊施設等に泊まり込み、短期間で集中的に免許取得のための講習を受けるものです。さまざまなプランが用意されていますが、最短であれば2週間程度で卒業することが可能です。そのため、夏休みや春休みの時期に学生の利用が多くなります。そのため、教習所によっては早い段階で満席となることも珍しくありません。逆に言うと、それ以外の時期については比較的余裕があることから、料金もリーズナブルに設定されていることがあります。

さまざまなプラン

合宿免許では宿泊施設にも違いがあります。リーズナブルなプランであれば相部屋が基本です。しかしながら、プランによっては個室を確保できることもあります。友人と申し込む場合は相部屋でも問題ありませんが、個人で申し込む場合に人気となっています。なお、夫婦や恋人同士で申し込む場合には同じ部屋にできるプランもあります。いずれにしても、人気のプランは早めに予約で埋まるので、早めに予定を立てて行動することが求められます。

合宿免許の料金はあらかじめパック料金となっていることがほとんどです。宿泊費や毎日の食事代も含まれているプランもあります。万が一、合宿中に体調不良となり、いくつかの講習を受けることができなかった場合は、教習所により異なりますが、追加の講習を追加料金なしで受講することが可能です。技能講習において苦手な項目をクリアできなかったときも上限を定めて同様の取り扱いとなります。そのため、料金に関してはさほど心配することなく勉強に集中できます。ただ、上限を越えると追加料金が発生します。

オフの過ごし方や免許取得後のこと

合宿免許では、行きたい教習所を自分で選べますが、教習所は全国にあるので旅行感覚で講習を受講できることも魅力的です。休みの日には観光に出かけるなどしてリフレッシュすることにより、モチベーションを高く学習することができます。ほとんどの教習所においては交通費の補助があります。また、合宿なので必然的に友達が増えます。講習のことで助け合ったり、休日に一緒に出かけたりと、人とのコミュニケーションを楽しむこともできます。

一方で道路事情は地方によって異なるものです。合宿免許では、免許取得後によく走ることになる自宅周辺の道路を走ることなく免許を取得できます。だからこそ、卒業後は慢心するのではなく、乗り慣れた人と自宅周辺の道路を運転してみて感覚を掴むことが安全運転のために必要なことであると言えます。