振袖レンタル図鑑

振袖レンタル図鑑

2018年10月16日

振袖の柄

日本では成人式などに振袖を着るという習慣があります。実に多様なものが出ています。
それは色や柄などの点で言えます。柄について言えば、無地のものやそれに近いものもあります。どちらかというと柄が付いている振袖の方が多いと言えるでしょう。その種類も大変多くあります。


【 出典元:体型別美人振袖の選び方~小柄さん編~ 】

地味なものも派手なものもありますし、柄が小さなものも大きなものも幅広くあると言う事が出来ます。もちろん色もそうですが、柄の種類によって振袖の印象が大きく変わってきます。明るく見せることや可愛らしく見せることなど振袖を選ぶ際にも人それぞれポイントとしていることがあると思われます。そういうことを予め考えて選び始めることもいいと言えると思います。振袖は成人式の時に着るもので、20歳の記念になり写真としていつまでも残っていくものです。なので、丁寧にいい柄のものを選ぶべきであると言う事が出来ます。また着ている写真が20歳の時の自分のイメージになりますので、その時の自分のイメージを大切にしてイメージに合うようなものを選ぶということも考えるべきです。もちろん小物や付いている格もイメージを形作るので、大事になると言えます。着物を選ぶ際には小物や格もいいものを選ぶようにした方がいいです。着物ばかりに意識がいきがちですが、小物なども見てトータルの全身のイメージとして自分の要望に合うものを選ぶようにするのがいいと思われます。具体的な20歳のイメージとしては、知的に見せたいというような要望や若く見せたいというような要望があるかと考えられます。例えば、知的に見せたいという場合には、小物や格も含めて暖色系の色にまとめて、小ぶりな柄がたくさん付いているような着物を選ぶのがいいかもしれないです。また若く見せたいという場合には、鮮やかな赤色のもので、大きめの柄が少ないという着物が合っていると言えるかもしれません。この様に自分が持っていて、この様に自分を見せたいという20歳の成人式のイメージにぴったり合う着物やそれに付く小物や格を探すということはとても大事なことになると言えるでしょう。多種類の中から一つを選ぶ際に振袖の柄の種類に特に意識を集中させて選ぶというやり方もいいのではないかと考えられます。このようによく考えて丁寧に選ぶと着た後の満足度は高くなるでしょう。また、写真を見て振り返った時に、いい記念として幸せな気持ちで成人式を思い出すことが出来ます。